生え際が正常な基準とは?生え際若ハゲを判断するコツと対策法

若ハゲ

生え際の後退と薄毛が同時に進行した若ハゲのさかたい(筆者)です。

突然ですが、

「生え際が正常かどうかが気になる」

「生え際が薄くなっているように感じる」

「同年代に比べて生え際の後退が気になる」

などのように、生え際が正常かどうかについて心配になったことはないでしょうか?

この記事はこれらの心配をしている若ハゲに向けて書いています。

そして、この記事では以下のような内容についてまとめています。

・生え際が正常かどうかを判断する基準

・生え際若ハゲを判断するコツ

・生え際若ハゲの対策法

少しでも参考になり、若ハゲ改善に役立てばと思います。

AGAスキンクリニック LP2

1.生え際が正常かどうかを判断する基準

生え際が正常かどうかを判断する基準としてまずは、

正常な生え際と若ハゲ(薄毛or後退)の生え際について写真を見ていきましょう。

1-1.正常な生え際

生え際 正常

正常な生え際は誰が見ても問題ないというのが分かります。

おでこの広さが指3本(人差し指、中指、薬指)以内であれば正常と言えます。

おでこの広さの確認の仕方

・指3本(人差し指、中指、薬指)を眉毛の上からおでこに生え際に向かって当てます。

生え際と一番上の指との間に隙間が無ければ問題ありません。

逆に、隙間が出来ていると、後退していると言えます。

正常な生え際であれば、薄毛にもなっていなければ、後退もしていません。

指で確認し、目で見ればすぐに分かります。

1-2.若ハゲの生え際

生え際 薄毛

写真を見れば一目瞭然ですので、参考にしてみて下さい。

ちなみに写真は僕の生え際です。(若ハゲ改善前)

生え際薄毛にも以下の2種類があるように思います。

・薄くなるタイプ

・後退するタイプ

僕の場合は後退はそこまで見受けられないですが、かなり薄くなり始めました。

薄毛のせいで後退しているようにも見える時があります。

また、薄くならずに、生え際が後退するケースと両方のタイプの人もいます。

まずは自分がどのタイプに該当するか確認して見ましょう。

生え際の後退は、おでこの広さで確認します。

生え際薄毛は、頭皮が透けていないかなど目で見て確認します。

薄毛になっていれば、目で見てすぐに分かると思います。

また、髪の毛の太さやコシなども確認しておきましょう。

細く弱々しく、コシが無い場合は髪に栄養が行き届いておらず、ヘアサイクル(毛周期)が乱れている可能性が高いです。

この場合は生え際薄毛の予備軍ともいえますので、早めの対策をしましょう。

僕も、今でこそ若ハゲも改善されましたが、当時は見ただけですぐに若ハゲだということが分かりました。

僕が若ハゲを改善できた方法については以下記事で確認できます。

 参考 ⇒ 育毛成功法

2.生え際若ハゲを判断するコツ

生え際若ハゲを判断するコツとしては、

生え際から頭頂部までの距離を確認しましょう。

一般的に、生え際から頭頂部の距離が2cm以上あれば正常で、2cm以下なら後退していると判断できます。

先ほどのおでこの広さで判断する方法とこの方法を用いて、判断していきましょう。

生え際の後退の判断基準おさらい

・おでこの広さ

 眉上から生え際までの広さが指3本(人差し指、中指、薬指)以内であれば正常と言えます。

・生え際から頭頂部までの距離

 生え際から頭頂部までの距離が2cm以内であれば正常と言えます。

3.生え際若ハゲの対策法

生え際 対策

生え際の若ハゲ対策としては、

基本的な対策としては以下の8つです。

1.帽子などの使用

2.髪型を変更する

3.食生活の改善

4.有酸素運動を習慣化する

5.成長ホルモンの働きを活発にする

6.頭皮の血流を良くする

7.育毛剤の使用

8.AGA専門クリニックの受診

また、育毛剤についても厳選したおすすめランキングがありますので、選ぶ際の基準にしてみて下さい。

さらに、若ハゲの相談としておすすめしているのが、AGAクリニックの無料カウンセリングです。

多くの若ハゲ改善に役立つ情報をもらえて、アドバイスも多くもらえます。

基本は早期な対策が一番改善率が高いので、改善に取り組みましょう。

生え際の違和感に気づいた時が一番早いですので、早期対策を意識して若ハゲ改善に取り組めば、結果はついてくると思います。

4.まとめ

今回は「生え際が正常な基準とは?生え際若ハゲを判断すつコツと対策法」について

書いてきましたがいかがだったでしょうか?

簡単におさらいをします。

生え際が正常かどうかを判断する基準としては、以下の2つです。

・おでこの広さ

 眉上から生え際までの広さが指3本(人差し指、中指、薬指)以内であれば正常と言えます。

・生え際から頭頂部までの距離

 生え際から頭頂部までの距離が2cm以内であれば正常と言えます。

生え際が薄毛になっているまたは後退していると感じた場合は早期の対策を実施しましょう。

有効な対策としては、以下の8つです。

1.帽子などの使用

2.髪型を変更する

3.食生活の改善

4.有酸素運動を習慣化する

5.成長ホルモンの働きを活発にする

6.頭皮の血流を良くする

7.育毛剤の使用

8.AGA専門クリニックの受診

帽子をかぶることや髪型を変えることは根本的な改善にはなりません。

あくまでも目立たなくするということになります。

本格的な生え際薄毛を改善しようとする場合は、3~8の項目を意識してやっていきましょう。

僕が改善できたように、皆さんにもきっと改善出来ます。

上手くいくコツとしては、諦めず、継続していくことです。

年々若ハゲに悩む人が増えていますが、年々医学も進んでいます。

いずれ、ハゲという悩み自体が完全になくなる日もそう遠くないと僕は思います。

なので、その日まであきらめずに今できることを全力で取り組みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました