ストレスによるハゲは治る!ストレスとハゲの関係性とストレス発散法

若ハゲ

ストレスによりハゲることがあることを知っていますか?

しかし、ストレスの原因を無くせば、ハゲも治る確率が高くなります。

AGAなどの男性型脱毛症以外にもストレスにより、円形脱毛症やその他の抜け毛の症状が起こることがあります。

今回は、ストレスとハゲの関係性とストレスによるハゲの治し方について説明していきます。

AGAスキンクリニック LP2

1.身の回りに潜むストレス

ストレス 原因

まず、身の回りに潜むストレスを考えてみましょう。

考えられるストレス要因としては、以下の3つではないでしょうか?

・職場でのストレス

・精神的に追い詰められることによるストレス

・対人関係のストレス

ストレスで一番多いのが人間関係だと思います。

その次に、精神的なものが来ると思います。

職場や友人、恋人、家族、これらに共通して関係しているのが人間関係です。

アドラー心理学でも「人間の悩みは全て人間関係に起因する」と唱えています。

新卒で会社に入り、3年以内に約40%の人が人間関係に悩まされ、会社を辞めていくと言われています。

僕も、ストレスの大半は人間関係だということに賛成です。

僕自身も散々、職場の付き合いなどで悩まされました。

さらに、家族までもがストレスの対象になったこともあります。

そして、ストレスを感じると様々な反応が起こります。

ストレスがどのように体に反応するかというと、

主に、「身体面・行動面・心理面」に影響が出ると言われています。

1-1.身体面でのストレス反応

今回のハゲというのは、この身体面でのストレス反応によるものです。

精神的ストレスにより、「髪が抜けていくあるいは量が減っていく」ということです。

さらに、髪が抜けていくということだけではりません。

その他にも、身体のいろんな部分が痛くなることや食欲低下、便秘や下痢、不眠症、など多くの症状が身体に起こります。

これが、ストレスを受けた際に身体面に働く反応になります。

1-2.行動面でのストレス反応

行動面では、注意力が散漫になり、ヒヤリハットが多くなり、凡ミスが増えるなどがあります。

注意力の散漫があると、いざというときに自分を守れません。

事故や危険な行為が増えるのが、行動面でのストレス反応と言えます。

さらには、普段お酒やタバコを吸わない人が急にお酒を飲んだり、タバコを吸うこともストレスによる反応だと言われています。

1-3.心理面でのストレス反応

最後は心理面によるストレス反応ですが、

主に、やる気の低下、活力の低下、イライラ、倦怠感など何もしたくない気持ちに陥ってしまいます。

心理面での不安は、うつを招くこともあります。

実は、ハゲが進行してしまうと、うつになる恐れがあります。

2.ストレスとハゲの関係性

ストレス ハゲ

ストレスを受けてしまうと、

身体はストレスと戦うために、自律神経の交感神経が活発に動くようになります。

交感神経が活発に働くと、体温を上げたり、心肺の動きを早めたりします。

こうした状況が継続して起こると、やがてはストレスに耐えられなくなり、

自律神経のバランスが乱れ、血管を細めてしまいます。

血管が細められると、血行不良に陥ります。

血行不良になれば、当然髪まで栄養は運ばれなくなり、髪も思うように成長出来ません。

栄養が無く、成長出来ない毛は抜けていくという流れになります。

急激に髪の毛が抜けていくということもあります。

これが、ストレスとハゲの関係性になります。

3.ストレスが無くなればハゲも治る

ストレス ハゲ 治る

ストレスが原因でハゲたのなら、「ストレスが無くなればハゲも治るのか?」という疑問が出ますが答えは、「ストレスが無くなればハゲも治る」です。

ストレスにより、ハゲになったとしても一時的なものになります。

ストレスの根源が無くなれば、ハゲも治ると考えられます。

僕の会社の先輩で仕事により極度のストレスを感じ、円形脱毛症を起こした人がいます。

悩んで、病院なども受診したのですが、一向に良くならなかったです。

良くなったのは、抱えていた仕事から解放された時でした。

このように極度のストレスは、ハゲの原因になるけど、ストレスの根源を排除すれば、ハゲも治っていくということになります。

ストレスにより急にハゲた場合はストレス要因を排除すれば、ストレスは無くなりますが、ストレス以外の原因でハゲが進行している場合はちゃんとした対策が必要です。

主に、男性型脱毛症(AGA)が該当します。

男性型脱毛症(AGA)によるハゲの進行の場合は、生活習慣の改善や育毛剤の使用など、本格的な対策が必要です。

4.ストレス発散法

ストレス 発散法

ストレスでハゲにならないためには、うまくストレスと付き合っていく必要があります。

現代社会はストレスの宝庫と言っても過言ではありません。

いかにしてうまくストレスと付き合い、発散していくかがカギになります。

主に、以下の二つのことで対策しましょう。

・ストレスを溜めないコツを身に付ける

・ストレス発散法を身に付ける

この二つの事について

詳細にまとめてあるのが以下の記事になります。

是非、参考にして頂いて、ストレスを上手く発散していきましょう。

5.まとめ

今回は、「ストレスによるハゲは治る!ストレスとハゲの関係性とストレス発散法」ということで書いてきましたがいかがだったでしょうか?

簡単におさらいをします。

まず、身の回りに潜むストレスについては以下の三つです。

・職場でのストレス

・精神的に追い詰められることによるストレス

・対人関係のストレス

これらのストレスとは切っても切れないので、うまくストレスを溜めないようにするということと、発散することが必要です。

そして、ストレスにより体に起こる反応としては、

身体面

・行動面

・心理面

で支障が出ます。

身体がだるい、髪が抜ける、やる気が起きない、身体が痛む、常に不安で動悸や息切れが起こる、など

多くのことが身体に起こります。

これらの反応を対処していくには、ストレスとうまく付き合っていかなくてはいけません。

・ストレスを溜めないコツを身に付ける

・ストレス発散法を身に付ける

上手くストレスを溜めこまずに発散できれば、ハゲもいい方向に改善され、治る確率が高くなります。

極論を言えば、

例えば、ストレスの原因が会社なら僕なら会社を辞めてしまいます。

しかし、すぐに会社を辞めるというのも、なかなかそうもいかないと思います。

なので、自分に合った方法でうまくストレスを発散していきましょう。

皆、それぞれ、好きなことや趣味がありますので、それを上手く生活に取り入れて、ストレスとうまく付き合っていけると思います。

まずは、自分に合ったストレス解消法を見つける事から始めてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました