【広告】
AGAスキンクリニック

ハゲと薄毛の違いとは?薄毛対策はお早めに!

若ハゲ

ハゲと薄毛の違いとは

単に読みの違いなだけです。

どちらも髪の毛が薄くなりハゲているときに使われます。

1つだけ違いがあるとすれば、

髪が薄くなり地肌が見え隠れする状態を薄毛と呼び

全く髪がなくツルツルの状態をハゲと呼ぶケースが多いです。

もちろん、ツルツルになるまでに薄毛の状態を経由します。

ツルツルのハゲになる前に薄毛の進行に少しでも気づいた時から早期に対策を行う必要があります。

今回は薄毛とハゲの違いと薄毛を早期発見して対策していくことが重要だということを話していきます。

1.ハゲと薄毛の違い

冒頭でもお話ししましたが、ハゲと薄毛の違いは単に言い方の問題なだけです。

しかし、一般的に認知されていて良く使用されるケースは以下のケースです。

・髪がスカスカの状態・・・薄毛

・頭がツルツルの状態・・・ハゲ

以下の写真を参考にしてもらえればと思います。

1-1.ハゲの状態

ハゲ

 

ハゲの状態は頭がツルツルの状態を指して、写真のような状態です。

一般的には側頭部や後頭部の毛は強いので、薄毛になりにくい部位です。

生え際や前頭部がハゲたので、他の毛も剃っているということが多いです。

この方が男らしさもあり、いさぎがいいという印象を与えます。

1-2.薄毛の状態

 薄毛

薄毛は写真のように髪はあるのですが、透けていて地肌が見える状態です。

また、毛が弱々しいというのも特徴です。

この写真は生え際から薄毛が進行しているのが分かります。

この状態が進行していくと、ツルツルになってしまいます。

また、無理に隠そうとすると返って不自然になりますので、隠すのではなく、髪を短くしたりするようにしましょう。

2.薄毛の早期対策がつるつる頭を防ぐ

薄毛の進行にいち早く気付き、早期対策を行っていくことが、薄毛を克服する一番の近道です。

薄毛の進行は徐々に進行しますが、治しやすさは進行がまだ浅い状態の方が早いと言われています。

進行すればするほど、治療に時間がかかってしまいます。

なので、ご自身に薄毛が発症しているのか

または、どれくらい進行しているのかをまずはセルフチェックしてみましょう。

上記記事には薄毛の判断基準について記載しています。

見てもらえればセルフチェックの参考に出来ますので、薄毛の早期発見と対策の為にも一度ご確認下さい。

3.効果的な薄毛対策

薄毛 対策

効果が期待できる薄毛対策ということで紹介していきますが

日ごろ簡単に行えることばかりですので、薄毛が少しでも気になる方は実践してみてください。

効果的な薄毛対策

・生活習慣の改善

 (食生活、睡眠リズム、運動習慣、洗髪方法の見直し、など)

・育毛剤の使用

・薄毛専門病院の受診

僕は、「育毛成功法」でも話していますが、生活習慣の改善と育毛剤の使用だけである程度薄毛が回復しました。

具体的な対策法については、以下記事で詳しくまとめていますので参考にして下さい。

「生活習慣の改善による薄毛対策には意味が無い」という人もいますが、僕はそうは思いません。

実際に僕も含め効果を感じている人は沢山います。

薄毛について、医学的に日々研究され新しい発見がされています。

まだまだ解明されていないことの多い薄毛なので、「薄毛は遺伝」だと片付けてしまわないように、

日々できる有効とされる薄毛対策を行っていきましょう。

4.まとめ

薄毛とハゲの違いと薄毛の早期対策が重要という話をしました。

ハゲと薄毛の違いは単に呼び方の問題だけで、どちらの意味の毛が薄いまたは無い状態を指します。

薄毛の人をハゲという人もいます。

一応おさらいすると

・髪がスカスカの状態・・・薄毛

・頭がツルツルの状態・・・ハゲ

になります。

深く考えずに、薄毛が進行を始めたらまずは対策することを考えましょう。

出来る対策は沢山あります。

遺伝的要因が強いと思われる薄毛ですが、実は生活習慣の乱れも大きな薄毛の原因だと考えられます。

なので、対策としては

・生活習慣の改善

 (食生活、睡眠リズム、運動習慣、洗髪方法の見直し、など)

・育毛剤の使用

・薄毛専門病院の受診

など、これらの事を意識して早期対策を行っていきましょう。

薄毛の進行は徐々に進むが、進行が浅い段階から対策している方が薄毛の治りが早い

このことは覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました