前髪薄毛で悩んでいる男性必見!原因と対策を徹底解明!

薄毛

「前髪がスカスカでハゲに見える」

「パックリと前髪が割れてしまう」

「前髪のボリュームが減った」

と悩んでいませんか?

薄毛が進行し前髪の量が減っているかもしれません。

でも大丈夫です。

手っ取り早く髪型を変えるなどしてすぐに対策が出来ます。

今日は、前髪薄毛の原因と対策法、それからおすすめの髪型について話していきます。

AGAスキンクリニック LP2

1.前髪薄毛の原因

前髪 薄い

前髪薄毛の原因としては、AGA(男性型脱毛症)の可能性が非常に高いです。

日本で薄毛に悩んでいる人のほとんどがAGAです。

僕も、前髪のスカスカから若ハゲが進行し始めたのでよく分かります。

「AGAによってどのように前髪が薄くなっていくのか?」

と言うことで考えられる原因としては、以下の3つです。

・髪が細く弱々しくなっている

・生え際の後退

・前髪を長く伸ばし過ぎている

1つずつ原因を見ていきますが、ほとんどの場合AGAによる原因です。

1-1.髪が細く弱くなっている

本来髪の毛は一つの毛根から2~3本程度は髪の毛が生えています。

毛質は人それぞれですが、しっかりとコシがあり黒々しいはずです。

しかし、AGAの症状によりヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長も止まってしまいます。

髪の毛の成長が止まってしまうと、新たに生えてくる産毛が十分に成長出来ずに細く弱々しくなります。

そして、弱いまま抜けてしまいます。

産毛が健康な髪の毛に成長するのに約3年~6年かかります。

しかし、ヘアサイクルが乱れると、数ヶ月や1年前後で抜け落ちてしまいます。

ちなみに、成長を終えた毛は自然に抜けます。

1.新たな産毛が十分に成長出来ない

2.健康な毛も時期が来ると抜けてしまう

これの繰り返しでどんどん薄毛が目立ってきます。

ちなみに一日に抜ける髪の毛の平均は50本~100本と言われています。

 

1-2.生え際の後退

生え際の後退が進むと前髪がスカスカになっていきます。

よく言われる「M字ハゲ」というのは生え際の後退が原因です。

どんどんおでこが広くなっていくと、必然的に前髪も抜けているということになります。

生え際の後退が進めば進むほど、前髪もどんどん薄くなってしまいます。

1-3.前髪が長い

続いては、薄毛が進行しているのに、「前髪を長く伸ばしている」

というのも、前髪がスカスカに見える原因になります。

僕自身もそうでしたが、前髪が薄い人に限って髪を伸ばしたがります。

前髪が薄いのに、伸ばすと余計にスカスカになるのは目に見えて分かりますが、ついついやってしまいがちです。

薄毛が進行してしまったら、以下のようなことは絶対にしないようにしましょう。

・薄毛を隠すために髪を長く伸ばす

・薄毛を隠すために髪型が不自然にセットされている

これらのことは、清潔感や男らしさに関係しますのでやらないのが鉄則です。

必死にセットした髪型も風にあおられたら終わりです。

また、常に髪型を気にしないといけないので気も休まりません。

隠したくなる気持ちは十二分に分かりますが、やめましょう。

多少薄毛でも、清潔感や男らしさがあれば、女性は好感を持ってくれます。

2.薄毛の判断方法

前髪 薄毛 判断

前髪薄毛の原因について見てきましたが、ここでは薄毛の判断方法について話していきます。

「おでこが広いの判断基準は?」

「どこから薄毛?」

「頭皮の色とか関係するの?」

などの疑問もあるかと思います。

上記のような疑問については以下記事で見極め方を説明しています。

主に

・頭皮の色

・頭皮トラブルの有無(ニキビやフケ)

・おでこの広さ

・髪の強さ(はりやコシ)

などで判断していきます。

自分でもチェックできるので、心配な人はやってみましょう。

3.前髪薄毛におすすめの髪型

前髪 髪型

前髪が薄毛の場合のおすすめの初期の対策としては、髪型の変更です。

先ほども少し触れましたが、変に長く伸ばしていると余計に薄毛は目立ちます。

目立たせたくなければ、スッキリと短髪にするのがおすすめです。

おすすめの髪型としては以下の4つです。

・オールバック

・ツーブロック

・七三分け

・デコだし

など前髪薄毛をカバーできる髪型はいくつもあります。

心がけることは以下の3つです。

・前髪は長く残さずに短くする

・トップにボリュームや動きをもたせる

・サイドを短く刈る

「でこを出すのが嫌」と言う人もいますが、スカスカでパックリ割れ良いと思いませんか?

僕も、薄毛に悩み始めた時は必死に前髪を伸ばそうとしていました。

でも、そんなことをしても逆に目立つと思い、覚悟を決めて、思い切って前髪を切り短髪にしました。

そしたら周りの反応も変わり、「似合っている」とも言われたことがあります。

また、一度思い切って短髪にすると、嫌っていう気持ちも無くなりスッキリします。

最初の対策としてまずは髪型の変更を検討してみてはいかがでしょうか?

4.前髪薄毛の対処法

前髪 対策

先ほどは髪型の変更による対策を紹介しましたが、それはあくまでも一時的なものです。

なぜなら、薄毛は徐々に進行していくのです。

最初は髪型を変えることである程度薄毛であることを目立たせなく出来ますが、徐々に難しくなってきます。

髪型ではカバーしきれなくなります。

「じゃあ、何をしたらいいか」と言うと、本格的な薄毛対策をしなければいけないのです。

本格な薄毛対策としては

・生活習慣の見直し

・育毛剤の使用

・AGAクリニックの受診

などが挙げられます。

髪型の変更は外見の変化のみです。

薄毛を根本的に治したい場合は、やはり生活習慣の見直しや育毛剤などの薄毛治療薬の存在は欠かせません。

下記関連記事では、薄毛の原因や対策までを事細かに説明しています。

是非ご参考にして下さい。

ちなみに僕は、生活習慣の改善と育毛剤の使用で薄毛(若ハゲ)の改善に成功しました。

5.まとめ

ここまで「前髪薄毛で悩んでいる男性必見!原因と対策を徹底解明!」について説明してきましたがいかがだったでしょうか?

少しおさらいをします。

前髪薄毛の原因としては

・髪が細く弱々しくなっている

・生え際の後退

・前髪を長く伸ばし過ぎている

この3つの原因が考えられます。

そして、この3つの原因の元凶はAGA(男性型脱毛症)になります。

「前髪薄毛を目立たなくしたい!」

時の一番の方法としては髪型の変更になります。

短髪にすることで前髪薄毛が目立たなくなります。

しかし、一時的な措置なので、本格的に薄毛改善の努力をしなければいけません。

食生活などの生活習慣を正しくしていき、必要であれば育毛剤の使用やAGAクリニックの受診も検討しましょう。

僕は22歳ごろから若ハゲに悩み始め、前髪のスカスカを隠すのに必死でした。

「長く伸ばすのではなく、切る!」という選択はずっとしてきませんでした。

切ったらすごく楽になるにも関わらずです。

なので、皆さんは僕と同じように悩まないように「薄い前髪は切る!」というようにしましょう。

思い切ってバッサリと切るというのは最初こそは勇気がいりますが、切った後は楽になります。

髪型の変更はあくまで外見の変化です。

ぜひ、「薄毛を治す」ということで根本的に薄毛を克服していきましょう。

行動に移す最初の一歩こそ重いかもしれませんが、進み出すことで見えてくる光もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました