【広告】
AGAスキンクリニック

若ハゲが原因で彼女が出来ないのは間違い!若ハゲに対する女性の本音

若ハゲ

お悩み掲示板を見ていると

「若ハゲのせいで彼女に振られた」

「若ハゲだから結婚もあきらめている」

など、若ハゲのせいで彼女作りも結婚もあきらめている人を良く見かけます。

ハッキリと言いますが、若ハゲだろうと関係ありません。

彼女を作るのも、結婚するのも全て自分の行動次第です。

とはいうものの、実際若ハゲのせいで自分に自信を持てません。

何をするのも嫌になる気持ちは大いにわかります。

でも、本当に若ハゲということだけで彼女作ることも結婚することも出来ないのだろうか?

今日は、若ハゲでも結婚までできた僕がお悩みに答えていこうと思います。

1.若ハゲに彼女は無理?

ハゲ 彼女

若ハゲの中には、「彼女は無理だ」という人が結構います。

しかし、本当に無理なのでしょうか?

現に僕は出来ました。

「いやいや、それは他にいいところがあったからでしょ?」と聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

身長170cmで体重85㎏超えです。

お金持ちでもないです。

どちらかというと、金銭的な余裕はない方です。

それでも結婚できたのは、「女性はそこまでハゲを気にしていない」ということです。

外見を気にしがちな男性とは違い、女性はしっかりと男性の内面を見てくれます。

もちろん、外見やお金などで判断する女性もいますが、そんなのはこちらから無視です。

本当に自分のことを思ってくれて好きって言ってくれる人はハゲなんてことを気にしません。

また、15歳や20歳で、「もう恋愛無理」「結婚無理」と考えるのは少し早くないでしょうか?

学校生活がメインの年齢です。

社会人になれば、もっと違った出会いもあります。

人間が一生の内で会う人の数をご存知でしょうか?

2.人間の一生で出会う人の数

人間 出会い

以下の言葉は最も有名な話で、聞いたことがある人もいると思います。

・人生で何らかの接点を持つ人は、30,000人

・学校、仕事などを通じて近い関係になる人は、3,000人

・親しい会話ができる関係になる人は、300人

・友だちと呼べる関係になる人は、30人

・親友と呼べる人は、3人

これに基づいて考えると、何らかの接点を持つ人が3万人います。

これを少ないと捉えるのか多いと捉えるのかは人それぞれです。

僕はこれを少ないと捉えています。

だって、人類には70億人以上人がいます。

日本でも1億人以上います。

このうちのたった3万人って少ないと思いませんか?

僕が思うに、この数は「行動に比例する」と考えています。

一日中家にいる人と、積極的に外出して出会いを求めている人とでは当然関わる人間の数が違います。

何が言いたいかというと、

「諦めたらダメ!」ということです。

僕も、若ハゲが原因で何回も何回も失恋を経験しました。

しかし、諦めませんでした。

「若ハゲでも存分に人生を楽しめるんだ」

と常に考えてきました。

一度や二度の失恋で挫けているのはもったいないです。

出会いの数だけチャンスはあります。

若ハゲでも全然問題なく、女性に好印象をもってもらえる方法はありますので、希望は捨てないでください。

3.若ハゲでも女性に好印象を与える方法

若ハゲ 好印象

若ハゲでも彼女を作ることが出来るし、結婚することも出来ます。

ここでは、たとえ若ハゲでも女性が好印象だと感じるものについて話していきます。

それについては主に以下の4つになります。

・清潔感を出す

・おしゃれをする

・潔くスキンヘッドにする

・若ハゲ改善の努力をする

若ハゲでも上記のようなことに努力すれば、彼女が出来る確率も各段に上がります。

3-1.清潔感を出す

一番注意しなければいけないのが、清潔感です。

女性は不潔な人を嫌います。

イケメン度やおしゃれさよりも、清潔感を重視する女性が多いです。

しわくちゃの服、伸びきった爪、ぼさぼさ頭、などはそもそも恋愛対象から外れます。

髪が薄くても、清潔にするということを意識しましょう。

3-2.おしゃれをする

若ハゲということで、自信が持てないなら、他のところでおしゃれをしましょう。

・ファッションを勉強する

・トーク術を磨く

など出来ることはたくさんあります。

いくらイケメンでも、会話が出来なければ魅力も半減です。

逆にトーク力があれば、多少の見た目のハンデがあったとしても女性は惹かれるものです。

帽子をかぶっておしゃれをするのも全然ありです。

若ハゲという短所ばかりに目を向けずに長所に目を向けて、伸ばしていきましょう。

3-3.潔くスキンヘッドにする

潔くスキンヘッドにした方が女性から見て好印象です。

スキンヘッドが嫌であれば、短髪にするだけでも大きく印象が変わります。

薄毛の人でも似合う髪型について紹介しています。

是非ご参考にして下さい。

3-4.若ハゲ改善の努力をする

最後は、若ハゲ改善に取り組むことです。

食生活などの生活習慣を見直したり、育毛剤の使用やAGAクリニックに通うことでの根本的な若ハゲ改善に努めることです。

この記事では、若ハゲの原因から対策まで詳しく記載しています。

是非、参考にして頂いて、若ハゲ改善に役立てて下さい。

4.女性が若ハゲに対して思うこと

女性 ハゲ

女性が若ハゲに対して思うこととして多いのが 

「みすぼらしいのは嫌だけど、清潔感があるのは全然恋愛対象である!」

つまり、バーコードやロン毛の薄毛は嫌だけど、短髪で清潔感がある人は好きということです。

このことからも分かる通り、

女性は男性が思うほど、若ハゲであることに対して嫌だと感じていません。

中には、嫌と感じる人ももちろんいますが、その人がすべてではありません。

現に、「男性薄毛に対する女性への調査」では、半数以上の人が「似合っていれば気にしない」と答えています。

また、

「スキンヘッドの方が男らしい」

「若ハゲでも関係ない。中身が重要!」

「かわいく見える」

「短髪でさわやか」

などという女性も多くいます。

似合っていれば気にしないという言葉に隠された本音は

「隠さずに堂々とする」

「長いところの髪を変に長く伸ばさない」

という言葉が隠れています。

ネットの調査結果によると、約6割以上もの女性が、「若ハゲは恋愛対象である」と答えています。

その中の意見としては、

・似合っていればいい

・中身が大事

・一緒にいて面白い

など、これらの意見があるので決して若ハゲだからと言って

「彼女が出来ない」

「恋愛できない」

「結婚できない」

などと言わず、希望を持ちましょう。

5.若ハゲ対策をする

若ハゲ 対策

先ほども少し触れましたが、若ハゲ対策をして、髪を取り戻す努力をすることです。

僕は、5年以上も若ハゲに悩まされましたが、

若ハゲ対策で、生活習慣の見直しや育毛剤の使用によって若ハゲの大部分を克服しました。

出来る対策はたくさんありますので、身近のできる対策からしていきましょう。

6.まとめ 

ここまで、若ハゲで彼女を作ることに対しての悩みなどについて話してきましたがいかがだったでしょうか?

恋愛の記事みたいになってしまいましたが、このブログは「若ハゲ対策や育毛関係」をメインに書いてます。

しかし、あまりにも若ハゲのせいで女性に対する悩みの人が多かったので、こういう記事を書かざるを得なかったです。

「若ハゲでもチャンスはあるんだ!」

ということをどうしても伝えたかったです。

若ハゲだからと言って恋愛することをあきらめないでください。

世の中には、受け入れてくれる人はたくさんいます。

そして、日々の努力で若ハゲは改善される可能性が高いです。

乱れた生活習慣を見直すだけでも大きな前進です。

身近な対策からしていき、状況に応じて、育毛剤の使用やAGAクリニックでの治療も視野に入れて下さい。

若ハゲ対策をする時に、心の中で思ってほしいことがあります。

それが、

「たとえ若ハゲが改善されなくても受け入れてくれる女性はいる!」

というふうに考えておきましょう。

あまり、神経質になっても返ってストレスの元なので気軽な気持ちで若ハゲを改善していくという気持ちも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました